アレルギー反応は体に物質が入ってくる場合に本来なら細菌やウイルスなどを撃退するために働く免疫機能が過剰に反応することで体に無害な物質に対して攻撃を仕掛けることによって起こります。
花粉症も同じく花粉という物質が体内に入ろうとする場合にどうにか体外へ排出しようと働く体の反応による症状で、果物を食べると喉の奥が非常に痒くなるというアレルギーがあるように花粉が原因になって起こるアレルギーに関しても喉の奥から症状が出るケースというのは少なくありません。
のどに違和感を覚える場合は注意する必要がありますが、日頃からきちんと花粉症対策をすることが重要なポイントであり、一度発症してしまうと症状を改善することは難しくなります。
のどが痒い場合はのどに花粉が達していることによって症状が起こっているわけなので有効な花粉症対策としてはうがいをして花粉を取り除くという方法になりますが、うがいをしてもすぐに治るというわけではないので習慣づけることが花粉症対策を考える上で重要なポイントになります。
ちなみに花粉症の症状が出やすい時期は1月の後半から2月にかけてですが、あくまで発症する人が多い時期であって他の季節でも花粉の飛散はあるので冬や春以外でも症状が見られるケースがあります。
自分がどの花粉に対してアレルギー反応を起こしているのかということを調べることによっても具体的な対策をすることが可能になるので、まずは検診して原因の花粉を調べましょう。